スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.01.19 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

落選と言う結果に終わりましたが・・

今回の市議選は落選となりました。私の公約の実現を願って貴重な1票を託された有権者の意思を思うと自分が議員になれなかった事ではなくて、有権者の声を議会に届ける事が出来なくなった事が残念です。

今回、公約の中でも特に強く訴えた「真面目に年金保険料40年間納付した日本人が月64000円で、自分の勝手で年金に加入せずに無年金となった朝鮮人が生活保護で月に17万円ほど貰っている。朝鮮人の生活保護を廃止し、韓国に救済させて、福祉の財源は日本人の救済の為に使う」との主張。

この主張に託された1200票が無駄になってしまわないように、たとえ落選しても、この日本人差別と戦い、日本人の生きる権利を取り戻す為に戦い続けます。

落選した以上、議員バッチをつけて議会でこの朝鮮人問題のタブー、在日特権問題のタブーを糾す事は出来なくなりましたが、それでも、この問題について怒っている有権者が1200人もいると言う事実は、当選された32人の議員の中で、本当に日本人の心がある人であれば「重く」受け取っているかもしれません。

これからも、私は「朝鮮人は危険だ、安心して暮らせる生活の為に、子供たちの未来の為に排斥しろ」「朝鮮人の生活保護を廃止して日本人を救済しろ」「日本人の権利を取り戻す」「パチンコは違法賭博、犯罪行為だ」と訴えて行きます。

今回、私は「私が議員になりたい為に立候補するのではない、議員になって日本人の生活を取り戻したいから立候補するのだ」の信念の下、「お願いは有権者が私にする事だ」と考え、「一票を私に入れて下さい」とは一言もお願いしませんでした。
ですので、一票を入れていただいた有権者の方に「ありがとう」は言いません。

しかし、その一票を託された有権者から頂いた「想い」は絶対に背負って進んで行きます。

毎年5000人ほどの日本人が、この日本人を守る為に存在する国家で救済されないまま命を落として行く。
今日も10人以上の日本人が助けを求めながら、誰からも助けの手を差し伸べられる事無く命を落として行っている。

そんな日本人の「助けて欲しい」の声が、この一票一票に乗っていると思います。

必ずいつの日か、日本人の日本人による日本人の為の日本を取り戻しましょう。


拙い挨拶ですが、有権者の皆様、そして、一票を投じて下さった有権者の皆様へのご挨拶とさせて頂きます。
 

選挙戦が終わりました

本日の午後8時まで頑張り、悔いのない選挙運動が出来ました。

私はこのような者ですので、有権者の中には「川東の話を聞いて気分が悪くなった」と言う人も沢山いたかもしれません。

「私の友人に韓国人がいるが、とても良い人だ。朝鮮人のいない枚方市にするとか信じられない」など思われた方もいるかもしれません。

言い訳も、弁明もするつもりはありません。そのようにお考えの方に「私に一票を入れてください」と言うつもりはありません。


日の丸を掲揚して選挙戦を戦いましたが、「日の丸を振ったら、票は減るよ」と言う意見も頂戴しました。

別に票が減っても構いません。就職活動ではありませんから。

日章旗を堂々と持つ事が出来る候補者が当選するようにならないといけない。そう信じるからこそ、たとえ票が減る事になろうとも、私は日章旗を振る。

日章旗を見て「日の丸を振る人には投票しない」と思う人の票が欲しい為に、日の丸を隠すなんて日本人として恥ずかしい事です。


これまで主張して来た事、これまで言って来た表現、それを言えば「有権者は貴方に入れなくなるよ」と言う事でも、私は自分を偽る事も、過去を否定する事も、仲間との行動を否定する事もなく、最後まで「自分のまま」で戦う事が出来ました。


演説の中で何度も言って来ました。

「私が今言った事が、朝鮮人差別だったのか、それとも、日本人として当然の事を言ったのか、判断は有権者の皆様に任せます。私に一票入れて下さいとは言いません。貴方達が本当に日本の未来を任せられると信じる候補者に一票を入れて下さい」と

私は票の為に、自分の主張を曲げません。


もっと言えば、「私の主張が正しい」と人に押し付けるつもりもありません。勿論、自分の中では「絶対に正しい」と信念は持ってますが。

私は自分の信じる事を、信じるままに貫き通します。


そして、私に託された1票1票に「日本を救って欲しい」の声が託されているのだと思って、命ある限り国家の為に尽くしたい。


拙い挨拶になりましたが、最後の感謝の挨拶とさせて頂きます。

改めまして、立候補のご挨拶

枚方市議会議員選挙に立候補しました。

公示日は、まずはポスター貼りです。
多くの仲間が駆けつけてくれて、15人程の人間で各地を担当し、徒歩、自転車(2台)、バイク、自動車と手分けして貼りました。

私も自分の仕事で使っている車にポスターを左右・後方に2枚づつ貼って、選挙カーに改造(と言えるか知りませんが)し、選挙戦を始めました。


少し貼ってから、昼に枚方市で御飯を食べて、それから20分程、枚方市駅で初の街宣を行いました。

日の丸を振って、街宣をするのは私だけのようです。

私の考えでありますが・・・・、枚方市と言う町で46人の候補者がいて、その殆どが街宣車を乗り回して、毎日、流し街宣をする。
駅前等で、色々な候補者が演説をする。
殆どの人は、候補者が演説をしていても、「ああ、又誰か演説してる」程度にしか思わないでしょう。

その中で、日の丸がはためいていれば、少なからずの人は「日の丸を振っている候補者だ」と強い印象を受けると思いますし、一発で「愛国者」である事が分かります。

私は、「人柄が良さそうだった」とか「誠実そう」だとか、そういう人気投票的な「票」で当選しても意味がないと思ってます。
「この主張を実現して欲しい」と言う支持で「票」を獲得して当選しなければ意味がない。


単に私が議員になりたいだけなら、簡単な事ですよ。

「高速道路を無料化します」「ガソリン税を廃止します」「子供手当てを支給します」と言えば、簡単に議員になれます。


私は議員になりたいのじゃない。「日本を護りたい」のである。

「日本人の権利を取り戻す」
「朝鮮人への生活保護は止めて、本当に救済が必要な日本人を助ける」
「パチンコを枚方から追放し、子供たちの健全な育成を守りたい」

このような日本や枚方市にしたいのである。だから、このような主張をする議員ばかりいたら、私は立候補などしない。
私は自分の仕事である電気工事が好きだからである。

しかし、このような「当たり前な事を言ってくれる政治家」がいなかったから、仕方なく「それなら、自分でやるしかない」となった次第である。


どのような結果になるかは、有権者の判断に委ねられる事であるが、私は「議員になりたい人間」じゃなくて、「議員になって日本(枚方市)を護りたい人間」であると、この場をお借りしまして、ご説明しておきたいと思います。

日本の為に、五体が動く限りは一日に一歩づつでも前に進んで行く。


プロフィール

カレンダー

   << 2017年06月 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

  • 大阪市「ヘイトスピーチ規制条例」について
    日本の皇帝
  • 大阪市「ヘイトスピーチ規制条例」について
    Aice5
  • 大阪市「ヘイトスピーチ規制条例」について
    キュウイ
  • 大阪市「ヘイトスピーチ規制条例」について
    川東大了
  • 大阪市「ヘイトスピーチ規制条例」について
    真智宇翼賛会員
  • 移民受入問題、「フランスに習え」か「フランスよ、何故、日本に学ばなかった?」なのか?
    反レイシズム
  • 移民受入問題、「フランスに習え」か「フランスよ、何故、日本に学ばなかった?」なのか?
    川東大了
  • 移民受入問題、「フランスに習え」か「フランスよ、何故、日本に学ばなかった?」なのか?
    反レイシズム
  • 国民年金から在日を除外した事への考察
    12345
  • 国民年金から在日を除外した事への考察
    通りがけ

維新政党・新風

リンク

サイト内検索

PR

その他

モバイル

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM