スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.01.19 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

自主独立、主権回復の日、今だ遠く・・・

昭和20年8月14日に日本は「降伏勧告」であるポツダム宣言を受託した。

細かい話を言うと、これは「双方が守らなければならない条件」がある上での日本の降伏を意味するのだが、アメリカはその直前に原子爆弾で無辜の民を大虐殺し、更に「降伏しなければ、更に新型爆弾を投下する用意がある」と脅していたので、日本が罪の無い国民を大虐殺から守る為にポツダム宣言を受託したとしても、「脅されてした契約」である以上、効力は認められないと考える。

ヤクザが誰かを事務所に監禁し、殴る蹴るの暴行を加えて無理やりに署名・押印させた契約書に効力が生じないのと同じだ。

更に言うと、降伏したはずの日本をソ連は8月9日に参戦して、侵略を続けていた。
そして、その侵略は「ヤルタ会談」でアメリカも承認していたものである。
降伏した相手を侵略している時点でも、ポツダム宣言受託は連合国側による契約違反で無効となる。


しかし悲しいかな、毛唐共にそんな事を言っても通用するはずもなく、占領統治を受けて、日本は主権が停止し、沖縄を取られ、朝鮮半島・台湾を日本領から外され、北方領土も奪われた。
そして、多くの指導者が、事後法で裁かれ、殺された。
戦後の国体についても、ポツダム宣言では「自由に表明される国民の意志で決定するように」としていたが、実際にはアメリカの学生が1週間で作った憲法草案を押し付け、これに反対する人間を「公職追放」して行って、新しい憲法を作らせた。
無理やりにアメリカは「これはアメリカが強制したのではなく、日本の憲法改正の手続きによって日本人の意思で制定したものだ」と言っているが、主権の移譲の系譜からは明らかに「天皇陛下→(主権停止によって日本政府が連合国の隷属下になり)GHQ→(1952年にいわゆる主権回復した際)国民主権」となっている。
戦勝国と言えど、敗戦国の国家体制を変えたり、憲法を変えたりする事は国際法違反であり、必要最小限の「法律」の制定や変更しか出来ない。


まず、大前提として「日本国憲法」は国際法違反の「犯罪憲法」である事と、国際法に違反している以上、有効な憲法とは成り得ない事である。
又、大日本帝国憲法の改正手続きによるとされるが、主権の移譲は憲法改正の手続きの限界を超えており、不可能であるとするのが憲法学の常識、定説となっているし、更に帝国憲法では「摂政を置く間は憲法改正は出来ない」とされているので、社会通念上の常識で判断すれば、主権が停止しているような状況下で憲法改正が認められるはずがない。


そして、この憲法で日本は「軍隊」の所持が禁じられた・・・
具体的には「紛争を解決する手段として戦争(や武力の威嚇、行使)を放棄する」「それを実現する為、軍隊は持たない。交戦権も認めない」とした。

これこそ、「自分達の手で自分達の国を守る」を否定する内容であり、日本は自国の安全保障を「日米安全保障条約」に頼った・・
つまり、軍隊を保持せず、他国が戦争を仕掛けて来た場合に日本は「軍隊によって交戦」する事が出来ない状態となった。
その時は、アメリカ軍が日本を守る為に戦争をしてくれる事になった。


原爆や都市空襲で、日本人を大虐殺したアメリカに、国際法違反の憲法を押し付けられ、その憲法で「自主防衛」すら出来ないようにされてしまった今の日本が、本当に「自主独立」「主権回復」していると言える人間がいるだろうか?

左翼思想の人間は、日米安保には大反対する。
(まぁ、彼らの場合は「アメリカに頼らず、自分達で自分達の国を守ろう」ではなく、「9条だけで十分だ。」なのだが・・)
ある意味では、自主独立も主権回復も捨てて、アメリカ様に擦り寄って、満足する「自称保守」「自称愛国者」よりも、こっちの方が戦後レジュームの脱却に近い位置にいるのかもしれない。

ただ、GHQのWGIPについては、左翼は無批判に受入れて、アメリカ様の作った歴史、アメリカ様の作った国際法違反のポツダム憲法を有り難がっているので、謎な所でもある。

日教組などは、強烈な反米なのか、熱烈な親米なのか、果たしてどっちなのか・・・?

何故、いわゆる左翼が、これだけ問題だらけの「日本国憲法」についてのみ、一切の疑問も批判もせずに(ま、憲法第1条等については反対していたりするが・・)賞賛して受入れるのか、不思議でならない。


だが、今回の安保改正では、いわゆる右翼思想・保守思想とされる人達までもが、「憲法第9条」を・・否、「ポツダム憲法」を正当で有効な憲法であると受入れた。

そもそも日本は「集団的自衛権」を持っているし、「交戦権」も持っている。
ただ、それを憲法によって「行使出来ません」と制限をかけている。

この憲法を否定したら、「集団的自衛権をこれからは行使出来ます」とかではなく、「これからは軍隊を持って、交戦権も行使しますよ」と言えるようになるのに・・・

今回の安保改正で、日本は「集団的自衛権の行使」は可能になったが、依然「交戦権」は行使出来ないままだ。


「いきなりゴールには辿り着けない。1つづつハードルを超えて行かないとゴールへ辿り着けない。この安保改正を可決して、次は憲法改正をして、憲法改正をした後、自衛隊を軍隊にして、軍隊にしたら竹島や拉致被害者を奪還して・・・」みたいなアホみたいな理屈を夢見て支持しているのかもしれない。
勿論、この考え方も拡大解釈的には、保守思想、愛国思想に入るのかもしれないが・・・


私は将棋をするから、将棋で喩えると・・・

将棋とは5手先や9手先を読むゲームである、当然、何十手も先を読めば読むほど有利に展開出来る。

それで言えば、今回の安保改正の賛成は、目先の「角」を取る事が「良手」と思って打ったけど、長い手先を読めば、その為に「王」を詰められてしまうような話である。

今回、左翼も右翼も保守も愛国も、揃いも揃って、「こんな憲法がおかしい」と声を上げなかった。
いや、正確には、そのような声は非常に沢山あったのだが、「ポツダム憲法が正当で有効な憲法」と前提した「安全保障関連法案改正」を支持したのだから、これは誰が見たって「日本国憲法を認めている」となる。


確かに、支那の脅威が差し迫った中で、現行憲法の無効宣言、自主憲法の制定もしくは帝国憲法の復元改正と言う極めて「大混乱」を招きかねない方策を行うよりも、現状の国家体制や国家運営の中で「現実的な」施策として今回の安保改正を支持せざるを得ないと言うのも理解はする。

我が党も「今般の日本を取り巻く状況等に鑑みれば、容認せざるを得ない」と言う立場での支持ではある。
理想を追い求めて、手立てが遅れ、支那に侵略されたら、日本国そのものも無くなる。
日本が・・・、いや、天皇陛下が残れば、神州「にっぽん」は不滅であり、必ず復活の日がある。


そもそも論であるが、仮に日本国憲法が有効だとすると、誰がどう見ても憲法第9条は「自衛隊」すらも否定していると読み取れるはずだ。これを認めていたら、支那が「侵略軍」を「人民解放軍」と言うのも批判出来ない。
「交戦権」はおろか、「武力の行使」も「武力による威嚇」すらも認めていないのだから。
又、自国の憲法が禁止している「憲法違反行為」をアメリカにやって貰おうと言うのも、人として恥ずかしい事である。

喩えが変かもしれないが、憲法で「日本人は働いてはいけません」と制定して、外国人しか働けない国にしたら、どう思う?

でも、同じ事でしょ?
「日本が侵略された時、日本人は戦ったら駄目だけど、外国の軍隊なら構いませんよ」と言うのだから・・・
これを、私は常々に恥ずかしいと思い続けている。

「日本が侵略された時、勝手に外国の軍隊がやってきて勝手に日本の替わりに戦ったら駄目。日本軍が戦います。」と言わないと


右翼・保守・愛国の陣営は、この9条を否定するのなら、この9条に基づく「なんちゃって軍隊」の自衛隊のままで「集団的自衛権」を行使させて平気なのだろうか?

説明は省略するが、9条を否定するなら、「日本の軍隊」として送り出すのが、最低限の礼節だと考える。

そして、もっと言えば「交戦権」も持たせて送り出すのが、当然であろう。


交戦権を持たない自衛隊は、集団的自衛権を行使して戦場で他国の軍隊と共に行動をしていても、敵の軍勢が攻めて来て「交戦権」を行使せざるを得ない状況になれば、逃げ出さなくてはならない。
逃げ出せない状況で、仲間が戦っていても「俺達は交戦権が認められていないから、一緒に戦ってやれないよ」と言うのだろうか?

そんな情けない立場ではなく、共に戦い、共に戦死出来る「軍隊」として派兵させなくていいのか?

戦地に赴く兵隊を「出征兵士を送る歌」で送り出してやりたいと思わないのか?
(もっとも、この歌だと「軍隊」は軍隊でも「皇軍」となるのだが)

更に理想を言えば、大君の命によって皇軍として召されて、戦地に赴くようにしたいが・・・

 

何にせよ、日本の自主独立・主権回復は遠い。

今回の安保改正は、短期的には支那の脅威から日本の安全保障を高める効果が期待出来るし、憲法改正へ向けた一歩としても歓迎されるベキ点はあったかもしれないが、

長期的には、日本がアメリカの奴隷国家から脱却する日を遠のけたであろう・・・


ポツダム憲法を正当・有効な憲法と前提した、現行憲法の改正手続きによる憲法改正をした時、日本は永劫に「戦後レジュームの脱却」を放棄する事になる。

スポンサーサイト

  • 2016.01.19 Tuesday
  • -
  • 13:37
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   

プロフィール

カレンダー

   << 2017年04月 >>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

  • 大阪市「ヘイトスピーチ規制条例」について
    日本の皇帝
  • 大阪市「ヘイトスピーチ規制条例」について
    Aice5
  • 大阪市「ヘイトスピーチ規制条例」について
    キュウイ
  • 大阪市「ヘイトスピーチ規制条例」について
    川東大了
  • 大阪市「ヘイトスピーチ規制条例」について
    真智宇翼賛会員
  • 移民受入問題、「フランスに習え」か「フランスよ、何故、日本に学ばなかった?」なのか?
    反レイシズム
  • 移民受入問題、「フランスに習え」か「フランスよ、何故、日本に学ばなかった?」なのか?
    川東大了
  • 移民受入問題、「フランスに習え」か「フランスよ、何故、日本に学ばなかった?」なのか?
    反レイシズム
  • 国民年金から在日を除外した事への考察
    12345
  • 国民年金から在日を除外した事への考察
    通りがけ

維新政党・新風

リンク

サイト内検索

PR

その他

モバイル

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM