スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.01.19 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

枚方市「ヘイトスピーチ規制」を求める意見書

まずは、全文をご紹介しよう。

【法整備を含むヘイトスピーチ対策の強化を求める意見書】

近年、特定の民族や国籍の外国人を排斥する差別的言動、いわゆるヘイトスピーチが、我が国でも社会問題化しています。そのため、昨年、国際連合自由権規約委員会は、人種差別撤廃条約上の人種差別に該当する差別的言動の広がりに懸念を示し、締約国である我が国に対し、こうした差別的言動に対処する措置をとるべきとの勧告を行いました。さらに、国際連合人種差別撤廃委員会も、ヘイトスピーチに対する法規制などを求める勧告を行いました。
最近、我が国でも、特定の民族や国籍の外国人に対する発言について違法性を認めた判決が最高裁判所で確定したように、ヘイトスピーチは、社会の平穏を乱し、人間の尊厳を侵す行為であるとして、それを規制する法律が整備されている国もあります。2020年には東京オリンピック・パラリンピック競技大会が開催されますが、ヘイトスピーチを放置することは、国際社会における我が国への信頼を失うことにもつながりかねません。
よって、国会及び政府は、表現の自由に十分配慮しつつも、法整備を含むヘイトスピーチ対策の強化を速やかに検討し、実施するよう強く求めます。


私の政治的な立場としましては、人権擁護法案・人権侵害救済法案に反対でしたので、それらの法案と同様のヘイトスピーチ規正法には基本的に「反対」です。
ただし、天皇陛下を侮辱する行為に対する「不敬罪」の復活には賛成しておりますので、無制限に表現の自由や言論が自由が保障されなければならないと言う立場でもありません。

天皇陛下の存在は現在の憲法においても、第1条で「日本国の象徴」「日本国民統合の象徴」とされており、天皇陛下への侮辱、誹謗中傷はすなわち日本国への侮辱、誹謗中傷であり、すべての国民に対する侮辱、誹謗中傷であります。

しかしながら、全ての日本国民に対する(いわゆる)ヘイトスピーチ、ヘイト表現である「天皇いらない」「天皇は戦犯」などと言ったデモや集会が、「言論の自由」「表現の自由」の名の下に公然と行われております。

勿論、日本国内で天皇陛下に対する不敬なデモや集会があっても、国連が「不敬罪を復活させるように勧告する」などと言うはずがありません。
が、外国人に対しての侮辱的な言論や表現があれば、国連は「法規制をするように勧告する」と言ってきます。

しかし、日本にとって「天皇陛下に対するヘイトスピーチ」と「外国人に対するヘイトスピーチ」と比べれば、不敬罪の方が遥かに必要です。不敬罪は帝国憲法の時代には存在した法律です。

このような視点に立った時、「天皇陛下より、外国人の方が大事なのか?」と悲しく感じます。


そして、何度も述べて来た通り、日本で起きている「外国人排斥」は、正しくは「朝鮮人排斥」「支那人排斥」であり、全ての外国人を排斥しようとする攘夷運動とは違います。
勿論、日本はその歴史の中で鎖国の時代があり、攘夷思想ですらも簡単に人種差別、排外主義と結論づける事は出来ません。
外来種の話でも述べましたが、日本の生態系を破壊する危険な生き物がいれば駆除し、排害するのは当たり前です。
そして、朝鮮人は犯罪統計においても、極めて危険な民族である事が明らかになっており、日本国民にとって極めて有害な民族です。
公然猥褻は日本人の5倍の変態民族でもあります、このような変態な民族が50万人もいて、何故、子供を安心して育てる事が出来ますか、こんなモノを排斥しないで何が健全育成ですか、ある意味では危険の除去を怠っている児童虐待じゃないですか。
憲法で保障された「生存権」「幸福追求権」の下に「朝鮮人は日本から叩き出せ」「朝鮮人のいない日本にしよう」「ゴミはゴミ箱へ、朝鮮人は朝鮮半島へ」と言論・表現するのは認められなければならない。

しかし、国連はそのような背景事情を無視して「日本には、危険、有害な存在の民族を排斥する自由はない」と勧告しているとも言えます。

例えば、国連が日本に「北朝鮮から日本への入国希望者がいれば、無条件で入国させ、国民と同様の社会保障を与えなさい」と勧告し、この勧告を拒否したら「北朝鮮を差別する国と認定する」と言って来たら、皆さん、どう思います?

そして、外国人排斥は人種差別だ、民族差別だ、ヘイトスピーチだ、と規制して来た欧米で、昨今、移民政策の限界に達し、様々な問題や事件が続出しています。
文化摩擦、宗教摩擦などが激しくなった結果、殺人事件、テロ事件まで起きております。
ノルウェーでは、ウトヤ島で69人が殺害される銃の乱射事件まで発生しています。


このような悲劇的な「結末」を回避する為に、日本にとって危険な民族、有害な民族に祖国に帰国して頂く事の何が問題があるのでしょうか?
しかも、朝鮮人は竹島や拉致の問題で、日本を「侵略」している国家であり、その侵略国家の民族ですからある意味では「先兵」でもあり、有事の際に破壊工作をする「伏兵」「スパイ」のようなものでもあります。

 

人種差別の撤廃の為に戦った偉人の1人、マーティン・ルーサー・キング・ジュニア氏が述べた名言がある。

「私には夢がある。それは、いつの日か、私の4人の幼い子どもたちが、肌の色によってではなく人格そのものによって評価される国に住むという夢である。」

「I Have a Dream」で始まるこの演説は、独立宣言にも盛り込まれている「すべての人間は平等に作られている」という理念を網羅するものであり、あらゆる民族、あらゆる出身のすべての人々に自由と民主主義を求めるものである。


日本で起きている「朝鮮人排斥」は、肌の色によって評価を受けたものではない。

在日朝鮮人の犯罪率の高さ、生活保護率の高さ、組織暴力団員の多さ、無職の多さ、地方税をまともに納めない、歴史捏造をして日本国からお金を騙し取ろうとする行為、竹島を返さない、拉致被害者を返さない、学校で反日教育をする・・・などなど

朝鮮人は「人格そのもの」によって評価を受けたのだ。


朝鮮人は、何ら差別も受ける事なく、正当に評価を受けた。
この正当な評価は、朝鮮人の努力でしか変える事は出来ない。

ヘイトスピーチ規制条例は、朝鮮人批判の言論や批評を無理やり「犯罪」にして取り締まり、弾圧するものであるが、こんなものを作って「朝鮮人は素晴らしい人達、これからもずっと日本に居て欲しい」と世論を誘導する事は不可能である。


韓国の大統領は、天皇陛下に対して「(自らが天皇陛下に訪韓を要請しておきながら)訪韓するなら独立運動の人達に土下座して謝罪しろ」と宣戦布告を行った。

この究極のヘイトスピーチに抗議した在日がいたのか?
在日達の自らの日頃の行いが、全て、正しい評価に繋がっている。

天網恢恢疎にして漏らさずである。

 
尚、最後に述べておくが、オリンピックは現在進行形で民族浄化、ホロ・コーストを行っている支那が開催した瞬間から「平和の祭典」ではなく「平和の採点」になっている。

あんなものを開催すれば、するほど「不名誉」でしかある。

スポンサーサイト

  • 2016.01.19 Tuesday
  • -
  • 11:00
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
特定の民族、国籍ばかりが叩かれるのは特定される理由がありまくるからでしょ?
  • 高麗弾入れ
  • 2015/04/06 4:46 PM
コメントする








   

プロフィール

カレンダー

   << 2017年04月 >>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

  • 大阪市「ヘイトスピーチ規制条例」について
    日本の皇帝
  • 大阪市「ヘイトスピーチ規制条例」について
    Aice5
  • 大阪市「ヘイトスピーチ規制条例」について
    キュウイ
  • 大阪市「ヘイトスピーチ規制条例」について
    川東大了
  • 大阪市「ヘイトスピーチ規制条例」について
    真智宇翼賛会員
  • 移民受入問題、「フランスに習え」か「フランスよ、何故、日本に学ばなかった?」なのか?
    反レイシズム
  • 移民受入問題、「フランスに習え」か「フランスよ、何故、日本に学ばなかった?」なのか?
    川東大了
  • 移民受入問題、「フランスに習え」か「フランスよ、何故、日本に学ばなかった?」なのか?
    反レイシズム
  • 国民年金から在日を除外した事への考察
    12345
  • 国民年金から在日を除外した事への考察
    通りがけ

維新政党・新風

リンク

サイト内検索

PR

その他

モバイル

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM