スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.01.19 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

日本人の人権を取り戻せ!

誰でも聞いた事のある言葉「人権(じんけん)」或いは「基本的人権」。

言葉の意味は「人間がもっている権利です」と説明が出来ても、では、どのような「権利」が人間にはあるのか?

日本では当たり前のように認められている「権利」であっても、世界では「稀」な権利であったり、逆に世界では常識の「権利」が日本では無かったり、実は色々なのである。


日本では(現在は)2人以上の奥さんを持つ事が出来ない。もしも2人以上の女性と結婚したら「重婚罪」と言う立派な犯罪者だ。
しかし、世界では「何人でも嫁さんを持つ権利」が認められている国もある。

アメリカは銃社会であり、自分の命を自分の手で守る為に銃を持つ事が当然の権利として認められてきた。
しかし、日本では銃を持つ権利は保障されておらず、猟銃の所持や警察官の拳銃など、法律で認められないと持つ事が出来ない。

韓国では「日本人はお断り」とする施設があり、「日本人を差別する権利」が認められている。
日本では「日本人だけ」とする事すら「差別」だと非難を受けて、「Japanese Only」のプラカードを掲揚(表現)する自由が制限を受ける。

支那(いわゆる中華人民共和国、俗称「中国」は差別用語な為、使用しません)は、チベットやウイグル、南モンゴル、東トルキスタンなどなどで少数民族をホロ・コーストしており、そのような国や地域では「生存権」すら補償されていません。


このように、国や地域、或いは時代によって、人の「権利」は様々なのです。


人間の権利は無制限に保障されると、「気に喰わない奴を殺す権利」や「税金を払わない権利」まで認めてしまう事になります。
だから、日本の場合、公序良俗に反しない範囲において、人権は認められるとされています。

ただ、これを厳密に当て嵌めれば、例えば「日本は支那の大和自治区になって、民族浄化されるべきだ」と言う言論を述べる「権利」はない事になりますが、実際には日本では公序良俗に反する主張でも「言論の自由」として認める方針を取っています。

「不倫は文化だ」なるキャッチフレーズが一時期流行っていましたが、不倫とは旦那いる女性と乳繰り合う、或いは嫁さんのいる男性と寝ると言う日本の公序良俗には反する行為のはずなのですが、何故かメディアが率先して「自由恋愛の権利だ」と煽っていました。
世の中にはスワップ(夫婦交換)とか言う文化(と私は思わないが)もあるようで、当事者達が全て「納得」の上でやっていれば、これも「スワップをする権利」があるとして認められ、それを規制する条例等はありません。

もしもスワップを規制する条例を作れば、自由恋愛の権利への制限であり、基本的人権への侵害と言う人達もいるでしょう。

刑法では正当な理由のない堕胎を処罰する「堕胎罪」がありますが、日本共産党とは言いませんが「堕胎」は女性の権利だと言う人達もいます。


日本の中でさえ、100人いれば100人の考える「人間として認められて当然の権利」は違うのです。


そのような視点で言えば、法律は「認められてはいない権利」の羅列であり、認められていない権利を行使した人間に対する国家による制裁を羅列したモノと言えます。
この考え方は少し恐ろしいものであり、法律で禁じられていない事は全て「やって良い」となります。
実際に、法治国家と名のつく国は(韓国や北朝鮮や支那を除いて)罪刑法定主義と言って事前に法律で禁止していなければ、いかなる反社会的な行為であっても、不道徳な行為でも罰せない事になっています。


さて、今、大阪市では「ヘイトスピーチ規制条例」が検討されております。
先ほどの喩えにすると、これまで「ヘイトスピーチ」を禁じる法律がなかったので、法治国家の看板上は「ヘイトスピーチをする権利」が国民に認められていたのです。
それを、この条例を作って(大阪市では)「ヘイトスピーチをする権利」を制限しようという話です。

ヘイトスピーチは未だに定義が確定しておりませんが、今回は別の視点から考えてみたいと思います。
「目的」のヘイト「手段」のヘイトの2つのヘイトについて。

例えば、日本から朝鮮人を追い出したいと考えている人間が「朝鮮人を日本から叩き出せ」と言った場合に
・表現がヘイトだ、「朝鮮人は日本から出て行って欲しいのです」と言えば問題ないとする考え方
・目的がヘイトだ、だからどんなに丁寧な言葉で訴えても、根底に「外国人排斥」と言う差別意識がある以上ヘイトだとする考え方
があると思います。

スウェーデンでは「強姦事件の増加は、イスラム系移民の増加が原因だ」と客観的根拠に基づく指摘・批判をした人間が「目的」がヘイトスピーチだと言う事(潜在的な差別意識に基づく発言と認定された)で有罪判決を受けた。
https://www.youtube.com/watch?v=ljdRWNAFGCk

その逆の事を言う国会議員もいる。有田参議院議員である。
「ヤンキー、ゴーホーム」=「アメ公、出て行け」と言う乱暴な表現で、この言葉を投げかけられたアメリカ人は「ヘイトスピーチの被害を受けた」と言っているのだが、なんと「これはヘイトスピーチじゃない」と言う・・
明らかに特定の人種・民族を排斥する目的の為に侮辱的な表現を公然と行っており「目的」「手段」共にヘイトスピーチの定義を満たすにも関わらずだ。

もっとおかしな喩えを言えば、「排斥」の意思さえ否定されればヘイトスピーチの定義を満たさない可能性もある。
支那人が日本人に「お前らの祖先は虐殺魔だ、強姦魔だ。お前らはその子孫、小日本鬼子だ!俺達の前で土下座して祖先の残虐行為を詫びろ!」と言った場合、どんなに聞くに堪えない罵詈雑言、誹謗中傷でも、ここには「日本人に対して日本から出て行くように求める意思」は全くないからだ。


既に過去に述べているが、在日韓国・朝鮮人の犯罪率は日本人よりも高く、断言して「朝鮮人は危険だ」と言い切れる。
危険なモノがあれば、それを「排斥」するのは当たり前の「権利」であり、それは「生存権」「幸福追求権」である。
「朝鮮人を日本から排斥したい」と言う当然の主張が、どのような親切・丁寧な言葉を使ったとしても「外国人の排斥が目的の発言は全てヘイトスピーチです」となったら、今後、この主張は述べる事が出来なくなる。
正確には「述べる事は出来るが、犯罪となり、逮捕され、投獄され、社会から排除される」であるが・・・


危険な民族であれば排斥をする権利が認められる、若しくは排斥を主張する権利が認められるのであれば「朝鮮人を排斥しよう」と言う権利を制限するのは人権侵害である。
そのような趣旨の主張をする権利は認めつつも、表現の方法が「侮辱的」なモノに限って制限をかけるのなら「公序良俗に反するものであれば制限をかけるのは許される」とする憲法の理念にも反しないだろう。

ただ、相手が先にヘイトスピーチで攻撃して来た場合には、同様のヘイトスピーチで反撃するのは「権利」として認められるべきだろう。


日本人には基本的人権として「朝鮮人を排斥する権利」が認められている。
それは差別なんかではなく、生存権であり、幸福追求権である。そして、言論の自由・表現の自由である。
そして、ヘイトにはヘイトで応戦する権利も同時に認められる。
ヘイトスピーチは確かに公序良俗に反する「表現」「手法」かもしれないが、より巨大な反公序良俗を排斥する為には使用も認められると解されるベキだ。
ヘイトスピーチで傷付く朝鮮人がいても、朝鮮人を排斥しないと不逞鮮人による犯罪で犠牲になる日本人の方がよっぽど被害が甚大だからだ。


究極的には、ヘイトスピーチの「目的」は「朝鮮人の排斥」ですらない。
「朝鮮人の排斥」が目的ではなく、それは「過程」でしかなく、それによって得られる「安心して暮らせる日本」が真の目的である。


少し長い文章となってしまったかもしれないが、私は「ゴミはゴミ箱へ、朝鮮人は朝鮮半島へ」と堂々と政治主張している。
そして、これを述べる事が法律で取り締まられようが、間違った事は言う訳には行かない。

「地球が太陽の周りを回っている」と言ってガリレオは裁判にかけられた有罪となり、迫害を受けたが、今では真実は誰もが知る所となっている。

ヘイトスピーチ規制条例、楽しみである。

逮捕される時は「川東逮捕されようとも、真実を変える事は出来ない」と言おう。


スポンサーサイト

  • 2016.01.19 Tuesday
  • -
  • 09:42
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
権利の制限は場所と時代が変われば違うという、2015年の日本におけるそれはどう動いていくのだろうか
  • んー
  • 2015/03/23 7:46 PM
コメントする








   

プロフィール

カレンダー

   << 2017年04月 >>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

  • 大阪市「ヘイトスピーチ規制条例」について
    日本の皇帝
  • 大阪市「ヘイトスピーチ規制条例」について
    Aice5
  • 大阪市「ヘイトスピーチ規制条例」について
    キュウイ
  • 大阪市「ヘイトスピーチ規制条例」について
    川東大了
  • 大阪市「ヘイトスピーチ規制条例」について
    真智宇翼賛会員
  • 移民受入問題、「フランスに習え」か「フランスよ、何故、日本に学ばなかった?」なのか?
    反レイシズム
  • 移民受入問題、「フランスに習え」か「フランスよ、何故、日本に学ばなかった?」なのか?
    川東大了
  • 移民受入問題、「フランスに習え」か「フランスよ、何故、日本に学ばなかった?」なのか?
    反レイシズム
  • 国民年金から在日を除外した事への考察
    12345
  • 国民年金から在日を除外した事への考察
    通りがけ

維新政党・新風

リンク

サイト内検索

PR

その他

モバイル

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM