スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.01.19 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

集団的自衛権での「憲法」問題

そもそも、軍隊であれば「個別的自衛権」も「集団的自衛権」も両方持っているのだが、今の日本は憲法の制約にて軍隊が持てない。
(後述しますが、現行憲法は正当性がない、若しくは極めて疑わしい)
その為に、攻めて来られた時に防衛の為だけに戦える「自衛隊」と呼ばれる武力組織が存在している。

我が党としては、「現行憲法破棄し、自主憲法制定」「自衛隊から正規軍隊へ」「竹島侵略問題では実力をもって断固たる対応」「拉致問題では武力行使を辞さず」を公約としている。
なので、本来であれば「集団的自衛権」自体は歓迎したい所だが、自衛隊のまま、憲法9条のままでの「集団的自衛権」を持つ事については少し慎重に考えたい。

まず、政府はこれまで「集団的自衛権は憲法9条の下では行使出来ない」=憲法違反としていた。
それを閣議決定で容認した訳であるが、これは、これまで憲法違反だとしていた事を「容認する」としたものであり、当然、大問題である。
そこで、憲法9条の制約を受けるとする問題を解決する必要があり、「憲法解釈の変更」か「憲法改正」のどちらかをする必要がある。

だが、待って欲しい!

「憲法解釈の変更」なんて事をすれば、今後、政権が変わる度に、或いは選挙がある度に「憲法解釈」が変わるようになってしまう。
あるかないか分からないが、再び民主党が政権を取ったら「自衛隊は憲法違反」の閣議決定をする可能性もある。
(社会党の村山が総理大臣になった時に、それは可能だったかもしれない)
選挙の度に自衛隊が廃止されたり、集団的自衛権の行使が出来る自衛隊が作られたりするようになったんじゃ、国民は堪らない。

では、憲法改正か!?

それも、安易には賛成出来ない。何故なら、そもそも日本国憲法が占領期間中に国際法に違反して制定された憲法だからだ。
国際法違反の憲法の改正手続きで改正すると、その手続きをした行為によって本来違法であったはずの憲法に正当性が与えられてしまう。
法定追認行為と呼ばれる法理で、架空の請求でも、その一部や利息分だけでも払ってしまったら、その行為によって請求そのものの正当性を認めた事になると言うものだ。

「取り消すことのできる行為について、一定の事実が存在するときは、法律上追認があったのと同一の効果を持つ。」

日本は、日本人による日本人の為の憲法を、日本人だけの意思で制定しなければ民族の自立もない。
個人的には、現行憲法は無効であり、無効である事を確認・宣言し、現在でも本来有効なのは「大日本帝国憲法」であり、帝国憲法を復元させ、その上で現在の情勢と合致しない部分等について改正すると言う「復元改正」「真正護憲論」を支持しています。

無効確認復元改正にせよ破棄して自主憲法制定にせよ、肝心なのは、現行憲法を正当なモノとしない事である。
現行憲法が正当になれば、憲法改正の手続きによって「天皇」の廃止が可能になります。
また、憲法第1条「天皇」が廃止にならなくても「天皇」の条文が正当なものとなれば「国民に主権がある」事になります。
主権が天皇から国民に移れば、それは日本国の国体が変る事を意味し、革命を意味し、神武天皇即位以来2675年の悠久の歴史を持つ日本国の終焉を意味します。
神話の時代から続く神の国「にっぽん」が、単なる日本列島を国土とし、日本人が住むだけの新しい国になります。

又、このように国際法違反の「敗戦国の憲法を変える行為」に免罪符を与える事にもなり、世界秩序を破壊する暴挙でもあります。
喩えは悪いですが、女性を攫って強姦しまくり、拷問を加え洗脳し、最終的に被害者が「今、私は幸せです」と言う様に調教すれば、その行為が「合法」になると言う悪しき前例を作る事になります。


以上の理由から、私は憲法改正には100%反対し、憲法解釈の変更も反対ではあるものの、改正する位なら解釈の変更の方が良いとの考え方です。


ただ、安倍政権が進めている集団的自衛権については、そもそも竹島に対して(既に行使可能な)個別的自衛権を行使するのが先であると言いたい。そして、朝鮮半島有事(朝鮮戦争の再開)は除外する事の明文化が必要だと訴えます。

自分の国が侵略を受けているのに、その侵略に対して自衛権を行使はせずに、他国に対する侵略に自衛権を行使させようとする事の意味が分からない。まずは個別的自衛権を行使し、その上で不具合があれば集団的自衛権の行使容認を議論をするのが順番である。

又、朝鮮戦争に関しては、朝鮮半島の未来(解放・統一)を朝鮮人が勝手に決めるのが民族自決であり、他国が干渉する事ではない。
北朝鮮が韓国に侵攻し、韓国を降伏させて半島を朝鮮民主主義人民共和国で統一しようが、韓国が反撃し大韓民国が半島を統一しようが、双方共倒れになって、元来の宗主国である支那の属領になろうが、日本に関係のない事である。
日清戦争が侵略戦争だと言う連中なので、それなら侵略によって成した行為の原状復帰として「朝鮮半島の独立」を取り消し、清の属国である高麗国に戻るのも良しである。(清は既に地上から消えてなくなっているが・・)

なんにせよ、朝鮮人同士の殺し合いに日本人が巻き込まれる事は絶対に避けたい。
過去(歴史)に学べば、朝鮮と関わると関わっただけ負けだと分かる。日本は2度と歴史を繰り返してはいけない。
非韓3原則「助けない、教えない、関わらない」である。


枚方市議としての職域ではないが、集団的自衛権や憲法解釈の変更、憲法改正についての私の考え方を述べました。

スポンサーサイト

  • 2016.01.19 Tuesday
  • -
  • 18:31
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
>枚方の在日二世

↑こう発言を本当の『ヘイトスピーチ』と定義してもよいかもしれません。

公然と他人を自分の妄想で『殺人鬼』呼ばわりする。

こんな人が日本に居ると思うと危険極まりなく怖いですね。

早くお戻りになられれば良いのに。
  • dandy
  • 2015/04/04 3:11 PM
川東さんは、ISILが人質を殺すときのような表情で高揚した不気味な笑顔で、きっと私(在日二世)を笑いながら殺すんでしょうね。何か想像できます。あなたは殺人鬼のように怖い。
  • 枚方の在日二世
  • 2015/02/18 3:05 PM
集団的自衛権に竹島を実効支配している某国は含まれるのか?
半島有事の際に米軍の支援に日本が連れて行かれるなんてのが最悪のパターン。
金ヅルどころか人命までかけて何の恩義も無い島泥棒を助けてやる冗談は勘弁。
元空自の潮さんもそのことを指摘していたような。

  • 林田16連打
  • 2015/02/13 3:52 AM
コメントする








   

プロフィール

カレンダー

   << 2018年06月 >>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

  • 大阪市「ヘイトスピーチ規制条例」について
    日本の皇帝
  • 大阪市「ヘイトスピーチ規制条例」について
    Aice5
  • 大阪市「ヘイトスピーチ規制条例」について
    キュウイ
  • 大阪市「ヘイトスピーチ規制条例」について
    川東大了
  • 大阪市「ヘイトスピーチ規制条例」について
    真智宇翼賛会員
  • 移民受入問題、「フランスに習え」か「フランスよ、何故、日本に学ばなかった?」なのか?
    反レイシズム
  • 移民受入問題、「フランスに習え」か「フランスよ、何故、日本に学ばなかった?」なのか?
    川東大了
  • 移民受入問題、「フランスに習え」か「フランスよ、何故、日本に学ばなかった?」なのか?
    反レイシズム
  • 国民年金から在日を除外した事への考察
    12345
  • 国民年金から在日を除外した事への考察
    通りがけ

維新政党・新風

リンク

サイト内検索

PR

その他

モバイル

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM